スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●ブログランキング参加中。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ にほんブログ村 犬ブログへ 人気Blogランキング


モナカさん 

さて昨日の日記ではお父さん無事帰国のお話を書きましたが、
お父さんが日本を発ったのが1月29日。この1週間前くらいから
モナカさんに異変がありました。
ある夜、お父さんがソファーでくつろいでいるモナカさんにチュゥしようと
思って鼻先に顔を近づけたら、結構思いっきり噛み付かれて唇から流血。
元々モナカさん、チュゥが苦手だし、夜遅くて眠そうだったので
ご機嫌が悪いのかと思ってましたが、噛み付かれたお父さんは大ショック。
でもその時は、ホント異変と言うよりは「機嫌が悪いんだろうなぁ」としか
思っていなかったし、人を噛むって事はいけない事なんで注意したんですよ。
その後、更に起こった異変が少し触っただけでも「キャン」と鳴く事。
モナカさんは階段が苦手なので1階に降りねばならない時は
私かお父さんが抱っこして降りているんですが、抱っこすると「キャン」と
吠えて何処か痛いような反応をしたり、家の中でも後ろにモナカさんが
居るのを知らずに軽くぶつかってしまっただけでも「キャン」。
うーーん何処か痛いのかな?と身体中触ってみましたが特に反応無し。
しかもちょっと元気もなく(食欲はある)大好きな散歩に誘っても
ぜんぜんノリノリにならず「私行きたくないです・・・」みたいな顔してるし。
で、お父さんが日本を発った日の午後、いつものように散歩に出かけようとすると
モナカさんまたもやノリ気ではなさそう。でも置いて行かれるのは嫌みたいで
渋々立ち上がってくれたんですが、やっぱり抱っこすると「キャン」
散歩中もルナとちょっとぶつかっただけでも「キャン」臭い嗅ぎが激しいので
ちょっとリードを引っぱると「キャン」。鳴く回数もドンドン増えて来ているし
「これは絶対おかしい」と思い、そのまま病院へ直行しましたよ。
先生にここ1週間のモナカさんの話をすると「あぁこれはヘルニアの可能性がありますね」と。
先生は触診でモナカさんの背骨を上から下まで触って行きましたが、
病院では緊張してしまうモナカさんの反応は殆どない。でも流石先生、
「ほら見てください、首のここの部分を触った時かすかにモナカちゃん反応してます」
よく見てみれば他の部分を触られた時は無反応だけど、首の1カ所を触った時は
耳が「ピク」っと動く。ホントわずかな反応だけど何度やっても同じ。
「早速レントゲンを撮りましょう」と言われモナカさんは奥の部屋で連れて行かれて
しまい、待つ事数十分。レントゲンの現像が終わり再び診察室へ通されると
先生が開口一番「やっぱりヘルニアですね。ハッキリ写ってます」とおっしゃり
その部分を指さすと、頸椎の骨と骨の間に白い物が1つ。
普通椎間板とはゼリーのようにミズミズしい物体でレントゲンには写らない
らしいのですが、モナカさんの首の椎間板は一カ所石灰化してしまっていて
これがクッキリ写っているんだそうです。石灰化してしまった椎間板は
弾力が無くなっている為、衝撃の吸収もしにくくなり、頸椎への負担も大きくなる上に
この石灰化した物は卵の殻のように周りだけが固く、中身はゼリー状なので
大きな衝撃があった場合、この殻が破れ中身が飛び出してしまい、
それが神経を圧迫して痛みが出てしまうそうです。
で、厄介なのが首のヘルニアは悪化すると首から下が麻痺してしまう事もあるそうで
そうなると寝たきりになってしまう。そしてモナカさんは上から3番目がヘルニア
なんですが、この3番目の部分には呼吸器関連の神経があり呼吸障害も起こす
場合があるとの事・・・・・もぅ聞いてるだけで恐ろしくなりました。
でも、良く聞く犬のヘルニアって最後の最後まで我慢してしまって
ある日突然歩けなくなって慌てて病院へ行くっていうパターンがありますが
我が家ではまだ歩ける状態だし、歩き方がおかしいとか、足がもつれるなどの
症状も出ていないので「最悪」の状態では無いですし、「緊急手術」という
状態でもないようで、暫くは薬で様子を見る事になりました。
「消炎鎮痛剤」というお薬を飲ませ、椎間板に圧迫されて炎症を起こしてしまった
神経(痛みの原因)の炎症を取るお薬です。そして暫く安静に・・・
安静にというのもケージに入れて動かさないというレベルではなく
「お散歩は控えめに」とか「激しい運動はしないように」のレベルなので
かなり深刻というわけではないんですけどね。
そしてこの薬で痛みが取れたならば、この先は特に治療は要らないそうです。
現在、薬がとっても効いているようでモナカさんは元気元気。元気すぎて
飛んだり跳ねたりしてしまうので監視が大変です。
でもまた痛みが出たらまた薬で様子を見て、何度も痛みが繰り返し起こるようであれば
手術が必要・・・と言われたんですがね。手術の場合1週間の入院になるそうで。
それは絶対無理だと思うので、出来る限り痛みが出ないような生活を
送れるように、家の中でも色々対策をしなければいけません。
とにかく、薬が効いて痛みが出ない状態が続いたとしても石灰化したものが
治ったわけでもなく、首に爆弾抱えてる状態ですからね。

それにしてもモナカさんはどうしてこんなに色々な病気になるんでしょうか?
やっと普通の家の犬になれたモナカさん。せめてこれから先の犬生は
穏やかで平和な物にしてあげたいんですけど、病気が勝手にやって来ます。
今回のヘルニアもきっと前から痛かったんだと思います。でも犬って我慢しちゃうからね。
どーにも我慢出来なくなって「キャン」って鳴いちゃったんだと思います。
でも鳴く前に色々なサインが出ていたと思う。もっと早くそれに気づいて
あげれば良かったと後悔するばかりです。
ビーグルはヘルニアになりやすい犬種だとはわかっていたけれど、
やっぱりなってしまえばショックでした。お父さんがアメリカにいる間に
この事を報告したら、余計心配すると思って帰国後に話をしましたが、
お父さんも大変なショックを受けていました。

ビーグルのヘルニアってモナカさんのように石灰化して起こる物が多く、
若くてもなる可能性大らしいですので、皆さんのお家のビーグルも気をつけてください。
http://www2.ocv.ne.jp/~yoshiki/sekitui.html
↑ここに参考資料のリンクを貼っておきますのでお暇だったら
読んでみてくださいね。

DSC04480.jpg

スポンサーサイト

●ブログランキング参加中。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ にほんブログ村 犬ブログへ 人気Blogランキング


コメント

モナカさん病院へ行って以来、元気なんですね^^このまま痛みがなくなりますように。
ほんのわずかな反応に気づいてくれる先生なら、安心なように思います。しかし、モナカさん、耳をピクッとさせただけなんて・・・我慢強いなぁ。
珍しいことしたら体調を気遣わなければいけませんね。私も気をつけます。

可愛そうなモナカちゃん。。。
どうしてモナカちゃんにばかり病気が近付いて来てしまうのかしら~?
お薬で痛みは無くなったようですが呉々もお大事にして下さいね。

あこぞうさんも次から次へと大変ですね。
とても記事参考になりました。
有難うございます。

モナカさん・・・

ヘルニアです。って悲しそう。そうなると大変ですねっ。ってかさんと同じ位置だね?首ぎっくりで3日寝たきりだったかさんも、きっと同じ症状。。。モナカさん、お互い頑張りましょう♪色付きの文字
お父さんって唇治ったんでしょうか?神経が立ってたのかしら?珍しいですよね、かじっちゃうのって

同じヘルニア仲間としてモナカちゃんの薬が効いてこのまま大事にならないようにと心より祈っております。

それにしてもお父さんに血が出るまで噛んでしまうのは良くないですね。

気が立っていたのか、確かに痛いとイライラしてしまう気持ちは良く解ります。

頑張れモナカ!
共にヘルニアと戦おう!

★bigumaroさん
ホント普段と違う行動や反応には注意が必要ですね。何しろ言葉が通じないわけですから、わずかなサインも見逃さないようにしないと!

★紅花さん
モナカさんばっかり何故?という感じです。
でもモナカさんならきっと乗り越えてくれるハズだと信じて、一緒に頑張ります。

★きの子さん
首が痛かったので、チュゥみたいに正面から押される感じが嫌だったみたいです。気も立っていたでしょうし、「触らないで!」って感じだったんでしょうね。初めての事なんでビックリしました。

★M姉やん殿
噛むのはイカンですよね。でもね、モナカさんにも事情があったのだろうし、あの時はホント放って置いて欲しかった状態なのに気づかずにちょっかい出してしまったからでしょう。私達も鈍感だった部分もあるのでこれからは気をつけまぁす。

お大事に・・・

おはようございます。

モナカさんのことを知ってびっくりしました。どうかこのまま悪くならないように・・・とお祈りしています。

我が家の次男(ビーグル。長男はカワイクナイ人間)もドッグランでいっぱいマウンティングされたあと、ヘルニアまでには至りませんでしたが、腰痛もちになりました。

そのときもお医者さまから「ビーグルは腰痛やヘルニアになりやすい」といわれましたが、「何で~」っていう感じです。だってダックスやコーギーのように胴長ではないじゃないですか~。

お医者さまからはスレンダーだった頃の体重に戻すように言われました。モナカさんの首とは違って腰のあたりでしたので。

診断されて3年近くたちますが、ようやく触っても反応しなくなり、体重も2キロ近く減りました。でも、病院で処方される関節サポート用のサプリメントは欠かせません。おやつのように
食べるだけなので簡単ですが、やったりやらなかったりするくらいなら、やらないのと同じ!だそうで、延々と食べ続けることになりそうです。大丈夫かなあ?

長々スミマセン。最後に、モナカさん足の腫瘍は大丈夫なのですか?次女のルナちゃんによろしく・・・。

つらいです

ほんとモナカさんにはいろいろな病気が出てかわいそうです。痛みを訴えられないので余計つらいですよね。でもあこぞうさん家の一員になれて、幸せなわんちゃんです。治療も受けられるし、少しでも良い方向に向かうよう祈ります。ビーグルにかんする病気の事などすごく考えさせられます。

★ handsomebeagle さん
モナカさんのなったヘルニア(石灰化)が
ビーグルの体質というか元々持っている要素でなるとわかって、他のお家のビーグルは平気なのかな?と心配になりました。私もこれから色々対策を考えなきゃいけないんですが、関節サポートのサプリ良さそうですね。お医者さんとも相談してちょっと検討してみます♪多分ベッツプランの奴ですよね??病院で買うと高いからネットで買おうかなぁ?

★かりんママさん
モナカさんが以前暮らしていた環境よりは、ウチに来てからの方がいい環境だとは思いますが、あまりにも病気が多くて可哀想になってしまいます。これからドンドン年を取って行く訳ですから、余計病気の心配も増えそうだし・・・・。
でも長生きして欲しいんで、家族みんなで協力して頑張ります☆

しばらくパソコンを見なかったらモナカさん大変な事になっていたんですね・・・
友達ワンコのコーギーもヘルニアになりかけていました コーギーはヘルニアになりやすい犬種だと聞いていたのですがビーグルもそうだったとは知りませんでした・・・
ろろはかなり高くジャンプするので腰に悪いかなと思っていたのでこれから注意したいと思います。
モナカさん早く治るといいですね!
がんばれ!モナカさん!

★ろろパパさん
そうそうビーグルはヘルニアになりやすい犬種です。でもブログ友達のビーグル達はヘルニアの子いないですもんね。
しかもビーグルのヘルニアは体質みたいなもんで、よくある老化や運動のし過ぎで脊椎が詰まり気味になって椎間板が潰れるっていう奴じゃなくて、椎間板が石灰化するという異常が起きてなるらしいんですよ。
だからモナカさんみたいに運動量の少ない子でもなるんですな。
モナカさんの首の痛みはだいぶ和らいでいる模様・・とっても元気です。

はじめまして!ビーグル大好きなmaiといいます。実家で飼っているビーグルのビーが、たまに呼吸困難な状況になるのが心配になってネットで調べていたらモナカさんの所に。写真もかなり可愛くて最後まで読ませていただきました。
ヘルニアも怖いですね。大事に至らなくて本当ご安心されたと思います。
我が家のビーは激しく動いている散歩中などにいきなり呼吸困難になって、鼻がゼィゼイいいながら股を開いて目が宙を浮いて本当苦しそうで・・数分すると元に戻るけど心配。本など読む限りいつも咳をしてなくて一時的なら問題ないと書いてあり様子を見ているけど、本当症状が出ている時が可哀想。。うちの両親は大丈夫よ~と深刻に考えて無い様子で。
犬は我慢しているという所で本当そうなんだろうなと。
いつまでも元気でいてほしいです。
またお邪魔させてくださいv-119

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heavenzkitchen.blog35.fc2.com/tb.php/275-ae20a9e3

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 わんことハッピーライフ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。