スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●ブログランキング参加中。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ にほんブログ村 犬ブログへ 人気Blogランキング


これで良いのかわからないけれど・・ 

昨日はモナカさんの通院日でした。
腕の傷も治ってやっと抜糸。そして先週説明を受けた肥満細胞腫について
更に色々突っ込んで聞いてみました。まぁ先生の回答は前回と同じなんですが
私たちも理解出来てない部分もあったし、もう一度確認したい事もあったので
再度説明してもらったという感じ。
とにかく今回の手術で取れる部分は取ったし、それ以上取る事は出来ないし、
一部悪い細胞が残っているのかどうなのかは判断出来ないとの事。
他にも色々話をしましたが・・私たちの結論としては抗がん剤治療はしない方向です。
再発の可能性はゼロではないけれど、常に身体を触るなどのチェックを欠かさず
月に1度程度の割合で病院で触診やエコー検査などで皮膚や内蔵への転移を
確認してもらい、再発した場合には手術で患部を取って抗ガンン剤治療をしようと思います。
その選択が合っているのか合っていないのか・・それは分かりませんが、
今元気で深刻な状態ではないモナカさんにわざわざ抗がん剤が必要なのか?という
気持ちの方が大きいので・・
それを先生に伝えると、先生は代替え治療としてステロイド系軟膏を
今回切除した部分に塗る事をすすめてくれました。肥満細胞腫はステロイドで
改善する場合もあるらしいので、これを暫く続けてみます。

さて・・抜糸の終わったモナカさんは2週間つけていた包帯ともおさらばして
スッキリした感じ。でも左前足の毛を半分くらい剃られてしまっているし、
軟膏を塗らないといけないので、塗った部分が汚れやすいので服を着せています。
でもね・・ウチには袖のある服が冬物しかないんですよ。だからモナカさんだけ
冬の装い。今日は雨降りで肌寒いので丁度良いかもしれないけど、
また晴れたりしたら暑いだろうなぁ。

DSC01313.jpg

DSC01321.jpg

DSC01328.jpg

スポンサーサイト

●ブログランキング参加中。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ にほんブログ村 犬ブログへ 人気Blogランキング


コメント

抜糸おめでとうございます!!
ちょっとだけ、すっきりしたかな?
飼い主として、考えないといけない事ってたくさんあるんですね‥
かわいいからこそ、大変でも、辛くても頑張ってください。(生意気な事いってスミマセン‥)

★ぐりーんさん
生意気なんてとんでもない!ブログを通して色んな人と出会って、色んなコメントを頂いていつもありがたく思っていますよ!まだまだ考えなくちゃいけない事があるかもしれないけど、頑張ります^^
何よりモナカさんが元気なのが救いです。

あこぞうさん こんばんは~。

他人の私が言うのも僭越ですが、今回のモナカさんの治療法の選択に、心から賛同します。我が家のルーキーが同じような状況になったとしても、私は
あこぞうさんと同じような決断をしたと思います。(なんていわれても嬉しくないでしょうが・・・・) 症例は千差万別でしょうけれど、私のまわりでは抗がん剤で決定的によくなった、というのは人も犬もないような気がします。

月曜日は通院日なのに、なかなか更新されなかったので、もしかしたらもっとマズイことになっているのかも・・・とちょっぴり心配しました。(スミマセン、ヒマ
なもんで。) 病気や病院とうまく付き合って、楽しく暮らせるようにお祈りしてます。2匹が一緒に同じことをしている姿が特に可愛らしいので、これからも
楽しみに待っています。^0^)V

★handsomebeagleさん
こんばんは^^やっぱり抗がん剤治療って抵抗有りますよね。絶対治る特効薬ならば多少のリスクがあっても是非!とお願いするところですが、抗がん剤は効かない場合もありますし、今回の小袋を取ってそれで後は何事も起きないかもしれない・・しかもモナカさんは至って元気だし。だったら今後再発に気をつけて行くようにして、再発してしまったらそのときにまた考えればいいかな?と思います。色々な考え方が有ると思いますが私たちの決断に賛成してくれる人が一人でも居て良かったです^^

がんばったね*

きのです
モナちゃんよく頑張りました。どんなことがあっても
愛するヒトと一緒に居れたら頑張れるかもね(~o~)
きっと良くなることを信じましょう。。
 お母ちゃんは今日ブリの乳搾り初体験でした。
乳腺におっぱいが貯まりバイキンが繁殖するとかで・・白濁した液体を搾りました。
出産したことはまだないので、え?こんな風に出てくるの?と感心感心フムフムでした。
相変わらずきの子もなんとなく心配してあげてるようですが、本人 本犬? 元気なんでまずは安心しております。

元気なモナカさんに敢えて薬を投与することはないですよね^^
若いから、治りもはやいでしょう。軟膏ぬりぬり、毎日良くなれー良くなれーと唱えてあげてください。
獣医さんより、何より、やっぱり家族の愛情が一番だと思います。長生きしてくれたトキを見ててそう思いました。
私も応援しています!!
ルナちゃん、何食べてるの?って。笑。やっぱり食べ物が最初にきますよね。

★きの子さん
モナカさんは頑張りましたよ~。お腹と腕の傷も結構キレイにくっつきました。ブリちゃんのおっぱいも早く治るといいですね。きの子さんの愛情たっぷり乳搾りできっと治りますよv-238

★bigumaroさん
そうそう、軟膏塗るときは奥まで浸透して良くなれ~って念入りに塗り込んでいます。大人しいモナカさんはじーっとしててくれるのでとっても楽です。ルナは相変わらずいつでも腹ぺこでモナカさんのおやつの事まで気にしています(笑)

あこぞうさん、ガンバレ!

確かに抗がん剤を使用することには抵抗感ありますよね。すごくよく分かります。クーパーはしこりを1度取り除いた後、同じ箇所に再発したので2度目の時には抗がん剤治療に踏み切りました。2ヶ月間、週1回の投与の計画で、1回目は全く問題なかったですが、2回目の投与の時にとてもひどい副作用が出ました。それは薬がガンに効いている証でしたが3回目で体力がみるみる衰えてしまいました。
ただ、この病気の怖さは細胞腫それ自体以外に、合併症が起きることです。抗がん剤を使い始めると内臓機能が低下するので免疫力が落ちちゃうんですよね。クーパーの場合は腎臓にきてしまいました。

あこぞうさんの判断された通り、お医者様との連携を強めて、今はモナカちゃんの様子を静観する時期ですね。いつも体を触って、食欲のチェック(←コレ大事♪)をするのみ!ステロイドもがんばって続けてください。いつも応援しています。

★ロイママさん
は~い頑張ります。毎日身体を触って、軟膏をヌリヌリして、定期的に病院で診てもらいます。
それからモナカさんは元々おどおどしたり、
緊張して身体を強ばらせる事が多いので
(多分昔の生活で何かトラウマが・・)
もっとリラックス出来るような環境を作って
あげたいと思います。
アロマテラピーとかフラワーレメディとか
ちょっとやってみようかな??

こんにちは!
モナカさん、抜歯でき少しすっきりかな?良かったね。
ンーーーーーー私もきっとあこぞうさんの選択と同じと思います。お金がかかるもあるけど、抗がん剤治療って、すごい辛いんじゃないの??それをモナカさんにするのは・・・・どーしてもその方法しかないのなら仕方ないけど、とりあえず軟膏で対処できるのなら・・・。かわいそうにね~。頑張れあこぞうさん・モナカさん。

しかしルナちゃんの座り方・・・笑えるね。かわいいよ~ん。そしていつもモナカさんの受け答え笑っちゃう。
  • [2006/09/13 12:58]
  • URL |
  • 美鈴かぁーさん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

★美鈴かぁーさん
モナカさんの場合、ウチに来る前から小袋があったわけなので、これが最初から悪性だったのか、良性だった物が悪性に変わっていったのかも不明なんですよねぇ。悪性だった物を何ヶ月も放置した可能性も大なので治療した方がいいのかな?っていう気もしますがね・・・結局どれが一番良いっていう治療法がないから、何を選択しても「これで正解だ」って心の底から思えないっていうのが本音かな・・・
ルナのぺったんこ座り・・変でしょ?あの子は
いつもこの座り方なんですよぉ。

人間にだってコレが正解って自身持って治療するなんてなかなかないんだから・・・。あこぞうさんの選択は・・・
「せーかい」by児玉清

しかし抜歯はないよね!!失礼・・・。
  • [2006/09/13 17:34]
  • URL |
  • 美鈴かぁーさん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

★美鈴かぁーさん
ありがとうございますv-22

抜歯・・今気づきました(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heavenzkitchen.blog35.fc2.com/tb.php/190-32743977

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 わんことハッピーライフ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。